パワーストーン説明

7月の誕生石 RUBY ルビー

●7月  RUBY~ルビー

宝石言葉 情熱、生命力、威厳

○ルビーは古くからカリスマ性を高め、勝利石としての力で持ち主に成功と繁栄や富をもたらすとして扱われてきました。また情熱や深い愛情に恵まれるとされ、自身の望む恋愛を引き寄せる力やパートナーの愛を取り戻す力があると云われています。赤という色自体が人の情熱をかき立てる色であることから、嫉妬や愛への疑念を振り払う力がある石としてギリシャ・ローマ時代からスピリチュアルストーン(神秘的な聖石)として扱われていました。女性にとってはアクティブにこの社会を生きていく為には、非常に強い味方であるルビーは、持ち主の信念と決意を強めることにより望むことを実現する力を与えてくれると云われています。愛と仕事に情熱的に取り組みたい方にはとても最適な石であるといえます。またルビーは不死身の力を授けるという云い伝えもあり、健康運・魔除け的な守護運にも効果的で、気力や生命エネルギーを高め、健康な体を作るサポートをしてくれます。乱れた精神を浄化し、鎮めるというパワーも持ち合わせており、悲しみや邪悪な考えを取り除き傷つきやすい心を他者から守るとされています。愛を欲している人がルビーを身に付けると、魅力や美しさを倍増させ、優雅な身のこなしと気品を強調させてくれ、異性を引きつける魅力的なパワーになります。

○由来
名前の由来はラテン語の「Ruber~ルバー」 からきていると云われています。歴史の古いルビーですが、大きな結晶には育たないことからルビーと呼ばれているものの中でも本物のルビーは少ないと云われています。今日のイギリス正式王冠の中央に収められている有名なダイヤモンド『カリナン2』とセットにされている「ブラックプリンスルビー」ですが、実際のところ本当はルビーの色をした「スピネル」であるとされています。このルビーとスピネルの二つの石は歴史的に混同される事が非常に多かったようです。

6月の誕生石MOONSTONE ムーンストーン

●6月 MOONSTONE~ムーンストーン

宝石言葉 喜び・調和・愛の予感・純粋な愛

○この石を身につけると、様々なものに対する怒りや悲しみなどで情緒が不安定になっている時、そうした乱れた感情を穏やかに鎮め、平和で穏やかな心を持ち続けることができると云われています。感受性を豊かにしてくれるという点では、自身のインスピレーションを高め、自分のなかに眠っている力を引き出してくれるパワーもあります。自分の進むべき道を正確に導いてくれ、未来への迷いを取り去り、そっと背中を押してくれることでしょう。中世ヨーロッパでは身に付けると未来への予知能力をもたらすと信じられてきました。家族や友人などに訪れる危険を知らせ、その危険から守ることができたと伝えられています。恋愛の方面では『恋人たちの石』『愛を伝える石』とも云われ、持ち主を寛大で優しい愛情で満たしてくれると云われています。愛する人との運命的な出会いと思いを寄せる恋愛を成就させ、幸せな結婚そして家庭へと導いてくれます。ムーンストーンがもつ情熱的なパワーで、マンネリを感じている関係にも新しい愛の形をもたらしてくれるでしょう。
○由来
ムーンストーンは、その神秘的な名前が表わすように、世界各地で月のパワーを秘めた神聖な石として長い間大切にされてきました。現在の『ムーンストーン』という名で呼ばれ始めたのは、1600年代からだと云われています。その語源は、ギリシャ語で月という意味の『セレニテス』だそうです。この石が月の満ち欠けに従い、その形が大きくなったり小さくなったりする』ことから名づけられ、古代インドでは”聖なる石”として聖職者が身につけるなど、様々なシーンで使用されてきたようです。
また、インドではムーンストーンは月の光が固まってできたものと信じられていたようで、口に含むと未来が見えると、呪術者などは自ら飲み込んで占ったとまで云われています。その他ヨーロッパでは『旅人の石』として呼ばれることもあり、旅の安全を祈願して身につけたともいわれています。

5月の誕生石 JADEITE~翡翠

5月の誕生石 JADEITE~翡翠

宝石言葉 平穏・知恵・忍耐力・飛躍

○翡翠は、本来身に降りかかる災いや不運、太古の時代だと呪いから身を守り、持ち主の身の安全を守ってくれると云われてきました。それは持つ者に落ち着いた冷静さと強い忍耐力を授け、自ら災害に巻き込まれることを防ぐためであるからなのでしょう。心が落ちつかず不安で眠れない夜にも効果を発揮し、持ち主に穏やかな平穏な眠りをもたらしてくれるともいわれています。冷静さや沈着さを高め、正確な判断力・決断力に導いてくれるため、徳と叡智を授ける『アジアの宝石』『魔法の石』として広く知れ渡り、古来より『あらゆる成功と繁栄』を象徴する石として様々な国で大切にされてきました。眠っている秘めた能力を開花させ、夢や目標を達成させる心強いサポートになることでしょう。
○由来
翡翠の歴史では日本が最も古く、縄文時代から勾玉として使用されて、持ち主の身の安全を守ってくれると云われてきました。現在でも日本の新潟市で翡翠が採れることもあり日本にはいまだに馴染みなる石です。また『豊穣、生命、再生』をもたらすものと信じられ、神聖な石であると同時に、「幸運の石」として大切にされてきました。ネイティブアメリカンも、この石に様々な彫刻を施し『聖なる護符』として身につけ、戦いや生活のお守りとして使用されてきた歴史があります、また、スペイン人は、中央アメリカ遠征時にこの翡翠を見つけました。それ以来、お守りとして大切にしてきたといわれています。さらに中国では翡翠は“玉~ギョク”と呼ばれることもあったようで、神秘的なでスピリチュアルなパワーがあると信じられ、神や皇帝などと結び付けられて崇められていました。国王の座る椅子を『玉座』と呼ぶのは、そうした名残であるとされています。このように特に東洋には深く長いかかわりがあり、今でもその翡翠の価値は高いものと言えます。

4月の誕生石 Quartz 水晶

●4月の誕生石 Quartz~水晶

宝石言葉 調和・純粋・完璧・宇宙的意識

○パワーストーン愛好家の中でこんな言葉があります。『石は水晶に始まり。水晶で終わる』これほどに初めての人でも馴染みやすく、また世界中の愛好家が魅了されるほど奥が深いものはないという言葉なのでしょう。世界中の各地で太古の昔から神聖な石とされ大切にされてきた水晶(クォーツ)。強力な浄化力、潜在エネルギー・パワーを強化、自身の乱れた波長のバランスを整えさせることのできる万能なパワーストーンです。水晶(クォーツ)には様々な色があり、その産地や内容物によっても種類が分けられる為、現在は多くの水晶が存在します、その中でも完全に透明な水晶(クォーツ)は、目標や進むべき道をより明確にし、強い意志で夢の実現へと導いてくれるサポートをしてくれると云われています。また非常に優れた浄化作用が他のパワーストーンの力をより強く引き出してくれる増幅作用があり、水晶は持つ者にとってもまた他の石たちにとっても必要不可欠な存在と言えます。

○由来
水晶を表わすクリスタルという言葉は、古代ギリシャ語で氷を意味する「krystalos(クリスタロス)」が由来になっていると云われています。古代ギリシャでは、水晶(クォーツ)は水が極度に凍って二度と溶けなくなった、“氷の化石”と考えられていました。水晶(クォーツ)は世界中の至るところから採掘されるため、各地で古代より神聖な石として用いられてきました。
特に水晶は日本の国石でもあり、古くは『水精』と呼ばれ、水の精霊が宿る石とされています。霊石として古墳時代から弥生時代には勾玉(まがたま)や玉が使われ、その時代のお守りや宗教的儀式、政治に用いられたと云われています。山梨県などで多く産出されたこともあり日本人には昔からとても馴染みのあるパワーストーンと言えます。

3月の誕生石 AQUAMARINE アクアマリン

●3月の誕生石 AQUAMARINE~アクアマリン

宝石言葉 友情・愛・信頼・勇敢

○ラテン語で”水”を意味する『アクア』、”海”を意味する『マリン』から由来しているように、海のように包み込む安心感で、持つ者の心身のバランスを整えてくれ、今歩んでいる人生に喜びと癒しをもたらしてくれると云われています。家族や友人など周りの人に対して優しく穏やかな気持ちで接することができ、コミュニケーション能力を高め人間関係の改善にも効果的と云われています。『天使の石』の別名を持つアクアマリンは美しい永遠の若さと幸せな人生を象徴するとされています。新しい出会いと恋に対する積極性で『幸せな結婚』に導く良縁と恋愛成就の石というのが最も有名でもあり、女性の幸せの象徴であるとともに子宝に恵まれる石としても大変人気の石です。そのため19世紀ヨーロッパでは、恋人たちの中で最もロマンチックな贈り物となったようです。また恋愛や人間関係のお守り以外にも、その名の通り海との関わりも深い石で、昔の船乗りたちの中では航海の無事を祈る、魔除けや災厄除けといった不慮の事故などから身を守る守護石として使われてきた歴史も存在します。

○由来
アクアマリンと言えば、マリーアントワネットがダイヤモンドと同じく愛してやまなかった宝石として有名です。その海をも思わせる見た目の美しさと数々の歴史上での逸話になっている神秘性で300年以上に渡ってたくさんの人を魅了してきたのは言うまでもありません。また『人魚石』という別名で呼ばれる由来として、人魚の宝石箱からこぼれ落ちた宝石が砂浜に打ち上げられた時に光輝くアクアマリンになったとされる話や、ある船乗りと結ばれぬ恋をした人魚の最後に流した涙が宝石となって浜辺に打ち上げられ深い青のアクアマリンが誕生したとされる神話からも、その神秘性を深めています。

2月の誕生石 AMETHYST アメジスト

●2月の誕生石 AMETHYST~アメジスト

宝石言葉 誠実 知性 調和 心の平和

○アメジストは心の中にあるトラウマや、心配事、怒りやイライラなどを取り去り、ネガティブになりがちな方にはポジティブさを与えてくれると云われています。癒しと穏やかな安らぎを与えてくれるスピリチュアルなパワーを持つとされてきました。災いから身を守る守護石でもあり、物事に対する直感力や集中力を高め、より効果的に物事を判断できるになります。瞑想や祈りをより深く行うことができるということで、司祭はこれを指輪にして身につけ、仏教の僧侶の方などは数珠にして身につけているようです。またアメジストはヨーロッパでは『素敵な恋人を引き寄せる石』として恋愛のお守りの役目もあったようです、現在も恋愛の石、そして恋愛におけるさまざまな問題を解決してくれる、熱くなった心を覚ましてくれる冷静さとリラックスの力があるとしてカップルで着けることも多いようです。

○由来
アメジストの紫色は古代から多くの人々に愛されてきたとされる高貴の色。特に日本では最も位の高い色とされています。また水晶の中で最も高価な宝石とも言われるアメジストは、ヨーロッパでは2万5千年前につくられた遺跡からも加工品が見つかっています。今までの歴史の中で、様々な宗教的な儀式に使われてきました。有名なギリシャ神話の中においてアメジストは美少女の化身と云われています。酒の神バッカスが酒に酔い、通りかかった少女を虎の餌食にしようとした時、月の女神が彼女を真っ白い水晶へと変え救いました。酔いから覚め自分の行いを恥じたバッカスが葡萄酒をその石に注ぐと、たちまち透き通った美しい紫色に染まり、美しい紫色の宝石『アメジスト』になったと云われています。現在は商売繁盛、財運、事業成功などお金に関係する運気を強く引き寄せる力があることから、近年では日本でも会社や自宅の玄関などに外に向けて飾ると効果的とされ、人気が高まっています。

1月の誕生石 GARNET~ガーネット

 ガーネットは想像力、物事を見抜く力が高まり、掲げた目標に対して強い意志や忍耐力を授けてくれると云われています。友情や愛を深め、その赤色の特徴から積極性や行動力を促し、情熱的に物事に取り組むことができるパワーをもらえるとも云われています。この石のパワーで、気力・活力が溢れ、揺るぎない自信につながり、成功へと持つ者を導きます。苦難に耐えて目的を達成することができるのです。
またガーネットは恋の成就にも良いとされています。古い伝承では、大切な人との別れの際、再会の約束としてガーネットを贈りあったり、友情の印とされたりなど、深い 『絆(きずな)』として表現されることもあるようです。それゆえに、大切な人との愛情を深め、永遠の愛を誓う『一途な愛』を象徴するパワーストーンとも言えるでしょう。

○由来
名前の起源は、ラテン語で『種子』という意味になる『granatus~ガラナイツ』に由来すると云われています。日本ではその真っ赤な色の特徴から“柘榴石”と呼ばれます。真っ赤な柘榴が実るように、今ある現状の実りを表わし、恋愛成就や目標達成などのお守りとして知られるようになりました。世界各地では、ガーネットは古くから『神聖な石』『生命力を象徴する石』などとして崇められ大切に扱われてきた歴史があります。古代エジプトでは研磨し装飾されたものを身を守る強力な護符として、中世ヨーロッパでは“一族の血の結束”を表わす王家の紋章や戦場に赴く際に持っていくお守りとして。これは血の象徴であるガーネットを身につけることで、怪我から身を守り、生きて帰って来ることができると信じられているからと云われています。現代では恋人たちの間で、愛と信頼の石としてなど、その広く知れ渡ったたくさんの神秘性は今も世界中の人々を魅了する誕生石の一つになっています。

パワーストーンが壊れたら

今まで愛着を持って身に付けてきたパワーストーンが割れてしまったり、壊れてしまったら、なんとも言えない不安やさみしさがわいてきませんか?
元々石はその人に降りかかる災難を身代りになって守ってくれるものです。そういうときにこそ感謝の気持ちを忘れずにお礼を言ってあげましょう。

パワーストーンをブレスレットなどとして使用していて「紐が切れてバラバラになってしまった」などという場合は、そのことだけで縁起が悪いなどとは考えなくて大丈夫なのです。
『買ってまだそんなに立っていないのに』『まだまだそのパワーを受けていたい』『不意にどこかに引っかかってしまって切れてしまった!』そんな方はお直しをおすすめします。自然に切れるのとまた意味合いが変わってくると私は思っています、壊れてしまったことへの意味付けは、人それぞれあるとお思います、これが正解というものもありません。しかしパワーストーンはあなたの願いを叶えるための道具ではなく今まであなたと一緒に、共に過ごし成長してきた言わばパートナーです。そのことは決して忘れないようにして欲しいと思います。そうすれば、きっとまた新たなあなたに「縁」のあるパワーストーンにめぐり合えると思います。

割れてしまったパワーストーンは、綺麗な海や山などで埋めて自然に戻してあげることが望ましいですが、適した場所に行くのが難しかったりします。
また、アクセサリーとして金具などを付けて使用していた場合などは、半紙にあら塩と一緒に包んで不燃ごみで処分するようにしてください。一言付け加えるとすれば、壊れる前にパワーストーンに変化が訪れているので毎日つけているものですから、その際はメンテナンスの注意や、悪いことが迫っているという風に解釈してもらえると、もっと大事に長く使っていただけると思います。

例えば、「前みたいな輝きがないな?」とか、「最近色がくすんできているな」とか、そういった些細なことでも構いません。その際は必ず浄化してあげてくださいね。

パワーストーンの使い方

パワーストーンの使い方で大切なことは、新しい石を手に入れた時は1週間くらいで良いので、常に身に着けること、すぐそばに置いて一緒に過ごすことです。買ったばかりの石はとてもフラットなからっぽの状態です。そこに良い気も悪い気も入れることができる器のようなものだと考えて下さい。1週間一緒に過ごすことで、あなたの目指しているもの、なりたい自分をしっかり明確に意識して石に入れてあげて下さい。まずは足並みをそろえることが大切です。

そして、ブレスレットや他のアクセサリーは、着けていて最も心地よく、落ち着くものを1~2種類選びベースになる石として毎日身につけてみてください。それ以外のパワーストーンはその日のインスピレーションや目的で付け替えるのがおすすめです。複数の石を身に着けるのは、ほとんどの場合問題ありませんが、多すぎると石のエネルギー的な混乱を招きます。また自分自身のこうなりたい!と思う心がぶれてしまい、逆効果になる事があります。

いくらパワーストーンに特別な力があるいわれていても、一度にたくさんの願い事をかければ良いということではありません。恋愛運に適したパワーストーンには恋の願いを、金運に適したパワーストーンには仕事や商売にまつわる願いを、というように石の適性と対応させた願い事を一つに絞ってかけることが基本的な使い方になります。
新しく事業を始める時は金運用のパワーストーンを身に付ける、好きな人と食事にく時は恋愛用のパワーストーンを身に付けるなど、状況に合わせて使い分けるのが良いと思います。石自体はチャンスを引き寄せたり、あなたを災厄から守ったりしますが、ただ持っているだけで何もかもがうまくいくわけではありません。あなたが目指すモノ、なりたいモノ、そこへ向かい手にしていく為に必要な力をサポートしてくれることで、あなたがより高い意識で物事に取り組むことができます。あなた自身のパワーを育ててこそ幸せはやってくると思います。“幸せとは他人からもらうものではなく、今のあなたが自ら築き上げていくもの”そう考えています。

パワーストーンの洗浄

ブレスレットはいつも身につけて使用するので、汚れが付いてしまったり、水晶など透明な石はだんだんと曇ってきたりするでしょう。そういう時は定期的にやわらかい布などでやさしく拭いてあげてください。それだけでも水晶の輝きが戻ったり、石の表面にも艶が戻ったりします。それと同様に『浄化』がとても大事になってきます。

『浄化』とは、その石のエネルギーを初期のクリーンな状態に戻すことをいいます。
石を購入した時、プレゼントしてもらった時、その時点でたくさんの人の手に触れ、様々な業や念を吸収している場合があります。また、石は、毎日身につけることでマイナスなエネルギーを吸収してくれると云われています。そんな時こそ『浄化』が必要なのです。浄化することにより、あなたの良きパートナーとして、幸せをサポートしてくれる石としての純粋なエネルギーを引き出してくれるのです。パワーストーンとしての役割が、素直に発揮されるように、いつもベストな状態でいられるように『浄化』が必要でという訳です。

浄化の方法はたくさんあるのですが、ここではおススメの方法を紹介します。
大きく4つに分類しますと「さざれ・クラスター」、「月光浴」、「流水」、「セージ」が良いと思います。
その中でも私がおすすめする「さざれ・クラスター」について説明します。
浄化力のある小さい水晶「さざれ」は、お皿などの容器に入れ、一日の終わりにパワーストーンを休ませ、マイナスのエネルギーを取り除く場所としてお使いください。
先端がとがっている「クラスター」は、空間の中にエネルギーを放出している原石です。強い浄化力でどんな石からもマイナスのエネルギーを取り除き、新たなエネルギーをパワーストーンにチャージすると云われています。クラスターの上に、パワーストーンを乗せたり、側に置いたりして浄化をします。ほとんど全てのパワーストーンに対して有効な浄化方法です。
常にフレッシュな状態を保つために大切なことは継続的に浄化することなので、毎日気軽にできるのが大きなポイントだと思います。